*
*

歯みがき粉&歯ブラシについて(美歯Naviより)

みんな意外と知らない歯みがき粉と歯ブラシのあれこれ

(オーラルケアマガジン美歯Naviより抜粋)

 

Q.歯みがき粉は1回にどれくらいつけるの?

A.ブラシの3分の1~2くらいがベスト

一般的にみんなが使用する歯みがき粉には、研磨剤が含まれているのはご存知でしょうか?

この研磨剤を沢山つけてしまうと…、歯を削り過ぎてしまって知覚過敏になることも。

歯みがき粉の正しい量は、小豆1個分ぐらいで十分とのことですので、くれぐれもてんこ盛

りだけは気をつけましょう。

 

Q.歯ブラシは電動と手動どっちがいいの?

A.用途によって使い分けるのが〇!

今まであまり意識していなかった電動と手動の違い。電動は毛先の高速振動でコンスタント

にプラークを取り除いてくれるところ。一方、手動は電動に比べ低価格で様々なタイプの毛

先や持ち手があるので自分の歯と歯ぐきの状態に合わせて購入ができる。甲乙つけがたい。

 

Q.歯みがき粉は粒子があるほうがいいの?

A.粒子の大きさよりも成分を意識しよう!

歯みがき粉に含まれる粒子の正体の大抵が研磨剤。歯や歯茎のダメージで敬遠されがちな、研

磨剤だが重曹や天然由来のものなら問題なし。でも、それより意識したいのは、合成界面活性

剤や合成着色料・香料といったものを使用していないか。大切な身体のためにも要チェックで

すね。

 

Q.歯ブラシの交換時期はいつなの?

A.だいたい1ヵ月を目安にするのが鉄則

巷では、「毛先が開いてきたタイミング」で交換するという声をよく聞くが、実際のところ

人それぞれであって、決まった交換時期がわからないのが世間の声。ブラシ部分が衛生的に

問題なければ使い続けてしまうみなさんに、毛先の弾力が維持される1ヵ月ほどで交換する

のがよいでしょう。

 

Q.歯ブラシの毛のかたさはどれを選ぶべきでしょう?

A.歯の状態に合わせてジャッジしよう!

虫歯予防と歯周病予防などでは、選ぶべき歯ブラシが違うってのは知っていました?

虫歯予防はプラークを正確に除去するために適度な硬さのある「ふつう」。歯周病予防は歯

茎の出血や炎症に影響を与えない「やわらかめ」。自分の歯の状態が気になる方は、お近く

の歯科医院で診断を受けることをおススメします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 未分類