*
*

それぞれの「歯」についての考え①

《 靴も歯も身だしなみの極みになる 》

 

年も明けて1週間が経ちましたが、まだ相撲協会や貴乃花親方の話題は継続中のようで…

 

貴乃花親方といえば昨年末発表の

『最も輝いている方に贈られる賞「BEST SHINIST(ベストシャイニスト)』

は、ご子息で靴職人の花田優一さんが選ばれました

 

花田優一さんは雑誌のインタビュー記事にご自身の

『歯』についての考えを述べられていますので一部抜粋してみました。

 

『靴はオシャレの一環である前に、身だしなみの極みであると思っています。いくらオシャレな服や素敵なヘアスタイルでまとめても、靴が汚れていたり、無頓着だったりするとすべてが台無しになってしまうような気がします。それは歯にも同じことが言えるかもしれません。細かな部分にも、抜かりなくケアが行き届いているかどうかという点では。』

 

『海外だとよく、庭の手入れがきちんと行き届いている家は、家柄がいいと言われていて、それと同様に、歯のケアができている子は、家柄がいいという評価に繋がります。~省略~ 幼少の頃より、母親から歯の大事さをしっかり教わっていた甲斐もあり、現在でも歯のケアは大切にしています。』

 

海外での生活が長いということもあり、歯に対する価値観は欧米人に近いものがありそうです。

 

 

 

 

 

 - 店長日記一覧